秋田県地域生活定着支援センター

これまで、罪を犯した高齢者や障害者で福祉の支援が必要な人がいても、福祉に繋げていく十分な仕組みがなかったため、矯正施設で罪を償ったにも拘わらず必要な支援が受けられずに短期間で再犯を繰り返して矯正施設に戻らざるを得ないという悪循環に陥る実態がありました。

そこで、このように罪を犯した行く宛のない高齢者や障害者を支える機関として各都道府県単位で地域生活定着支援センターが設置されることになり、社会福祉法人晃和会も秋田県から委託を受けて平成22年4月1日から業務を開始しております。

地域生活定着支援センターは、保護観察所、福祉事務所等法務、福祉の関係機関と協働して、自立した生活が困難な罪を犯した高齢者や障害者に対して、矯正施設退所後直ちに福祉サービスが受けられ、地域で安心して過ごせるよう「司法と福祉の架け橋」となって支援していきます。

地域生活定着支援センターは次に揚げる業務を行います。

コーディネート業務

保護観察所からの依頼に基づき、矯正施設入所中に面接し、対象者の福祉サービス等のニーズの把握、受け入れ施設等の調整、福祉サービス利用申請支援等を行います。
(生活保護、介護保険、障害者手帳、障害者自立支援、年金受給者等の手続き支援等)

フォローアップ業務

コーディネート業務により福祉サービスの提供を受けることになった方に対して、矯正施設を退所した後も生活が安定するまで支援します。
(利用施設等への訪問、生活状況の確認、福祉サービス等の助言等)

相談支援業務

矯正施設から退所した高齢者または障害者等の福祉制度利用に関する相談や支援を行います。
(福祉サービス利用等の助言、申請支援等)

啓発、連携業務

法務、福祉関係機関との会議や研修会の開催等事業を円滑にかつ効果的に推進するために必要な業務を行います。

<リンク>
一般社団法人 全国地域生活定着支援センター協議会ホームページ